オンラインカジノからの小切手の現金化の仕方を解説。銀行なら数千円の手数料が必要ですが、専門業者を利用すれば、格安で小切手の換金できます
オンラインカジノ☆キング!オンラインカジノ攻略・必勝法/クレジットカード情報

オンラインカジノ☆キング > リンクセンスを徹底解説1


格安で外貨小切手を現金化!リンクセンスを徹底解説1

このページでは、海外小切手を格安で換金する方法を紹介したいと思います。外国の銀行が発行する小切手は、日本で円に換金しなければなりません。

その場合に換金してもらうための手数料がかかるのですが、
銀行で換金する場合には結構な手数料がかかり、小切手の額によっては額面割れしてしまう事もあります。確か、各銀行の小切手の換金手数料は1枚2,000〜5,000円くらいだったと思います。


また、外貨を扱う銀行の支店ならどこでも良いというわけではなく、外貨を扱っている支店でしか換金ができないため、わざわざ外貨取り扱いの銀行まで足を運ぶ必要があります。

換金手数料も高い上に、遠くの支店に足を運ぶなんて面倒ですよね。それに、ある程度の取引実績がないと小切手の換金を受け付けてくれない場合もあるそうです。


それで管理人が利用しているのが、『リンクセンス』という小切手換金の専門業者です。ここでは、このリンクセンスについて説明したいと思います。質問メールへの回答も速いですし、管理人が実際に何十回も振り込みをしてもらっており信頼がおけます。管理人の小切手は、全てこのリンクセンスで換金しています(*^^*)。




おそらく、海外小切手を見たことがない方が結構いると思います。管理人も、オンラインカジノから小切手を受け取るまでは、一度も見たことがありませんでしたから(^^ゞ。

オンラインカジノから送られてくる小切手は、海外郵便物として届けられます。確か、小さい金額の時は郵便ポストにそのままほおり込んであったと思うのですが、大きな金額の小切手の場合は、受け取る時にサインをしなければいけません。

管理人の場合は、『DHL』という国際宅配便サービスを行っている業者から届けられることが多いです。若いお兄さんがピンポーンとやってきて、サインを求めてきます(笑)。

ですから、『DHLで〜す。海外からのお荷物をお届けに参りましたー』と言いながら人が訪問してきたら、怪しい訪問販売だと勘違いしたりしないで、すぐにドアを開けてあげて下さいね(笑)。


小切手を受け取ったら、必ず記載されている情報(金額など)と、サインがあるかどうかを確かめるようにして下さいね。管理人は今までに一度だけ、小切手にサインがなくて、すぐに換金ができなかった事がありました(後日、無事換金できました)。

もしサイン漏れを見付けた場合には、すぐにオンラインカジノに連絡のメールをして下さいね。そうすれば、すぐに対応してくれます(*^^*)。


下に載せている画像は、管理人がオンラインカジノ(ビデオポーカークラシック)から受け取った小切手です。小切手の見本として参考にして下さい。受け取る小切手の種類は、各オンラインカジノによって様々ですが、管理人が今までに受け取ってきた小切手を見る限り、色や裏面などが変わっているだけで、そんなに変化はありません。


VideoPockerClassic 小切手2,819ドル(302,151円相当)


プライバシーを守るために白く塗りつぶしている部分がありますが、一番上の白く塗りつぶしてある部分には、自分の名前が表記されています。そして、左下の部分には自分の住所が書いてあります。

右上に書いてあるのがオンラインカジノ側が小切手を送金した日にち(2003/12/14)で、その下にあるのが小切手の額です(2,819.89ドル(302,151円相当))。これを格安で換金してもらおうというのが、”小切手を格安で換金”のメニュー一覧の目的です♪


このページの一番上に戻る

Copyright © 2004 オンラインカジノ☆キング All Rights Reserved.