オンラインカジノの法的解釈について解説。合法?違法?オンラインカジノの現状を交えながら、日本のオンラインカジノへの法的解釈、事例を紹介
オンラインカジノ☆キング!オンラインカジノ攻略・必勝法/クレジットカード情報

オンラインカジノ☆キング > オンラインカジノの法的解釈


オンラインカジノの法的解釈

日本でのオンラインカジノの法的解釈についてのページです。オンラインカジノについては、弁護士などの法律家によって様々な解釈がされていますが、日本はもちろん、世界中でも判例がないので、オンラインカジノでのプレーが日本の賭博行為に該当し、違法となり有罪となるのかは断言できないというのが現状のようです。

つまり、違法とも合法とも言えないグレーゾーンと言えます。ですから、これまでに日本でオンラインカジノに参加して摘発された例は1件もありません。また、オンラインカジノ先進国のアメリカですら、プレイヤーが逮捕された例はないそうです。


参考:オンラインギャンブルの日本国内においての法律 FAQを読んで下さい。何やら難しいことが書いてありますが(笑)、簡単に言えば、日本の賭博法は『賭博罪は必要的共犯ないし対向犯』とされていて、胴元と掛ける側の両方が揃って初めて適用されるのです。

つまり、もしプレイヤーを逮捕するとなった場合には、オンラインカジノ経営者とプレイヤーの両方を立件できなければ、賭博罪を適用する事はできないのです。


ですが、今まで何度も述べてきたように、オンラインカジノは各国政府の営業許可を得て営業しています。つまり、日本の法律が適用される事はありません。

上記参考のページでも、『海外のカジノ運営会社やサーバーなどは、現行日本の法律では処罰できないということになります』との記述があります。つまり、賭博法の”両方セット”という条件を適用させることは相当困難だと言えます。

また、もしカジノプレイヤーとオンラインカジノ側に賭博罪を適用させようとした場合、『共犯者は違法でなくてもよいのか』といった法律の解釈の問題、つまり、刑法学上の大論争になる可能性もあります。


オンラインカジノ側は各国政府からの認可を得ているうえに、裁判で何年も争うだけの十分な資金もあるでしょうし、さらに、日本の賭博罪の適用は”両方セット”という条件もあります。

ですから、まだ全く判例もなく、法律も適用させることができるかどうか分からない状況なので、現在の法律では取り締まることができないのです(;^_^A。グレーゾーンと言われるのはこういった理由です。


もし将来、法律が改正されたりして、日本の法律で正式に、オンラインカジノのプレーが違法行為だという結論が出た場合には、日本政府から何らかの公的な発表があるでしょうから、今のところは安心して遊んでいても何の問題はないと思われます。…というか、もし問題がある場合は、まず私自身が何らかの調べをうけるでしょうし(笑)。


なお、この法的解釈の文章はあくまでも管理人が徹底調査した情報です。管理人は法律の専門家ではありませんので、もし法律に関するご質問をして頂いてもお答えできませんのでご了承下さい。

もし法律に関して詳しいことがお知りになられたい場合は、法律に詳しい人に聞いたり、直接オンラインカジノに確認してみることをオススメします。また、プレーに関しては、最終的には各自の自己責任と判断の上で楽しんでくださいね。


ただ、オンラインカジノは別にお金を掛けて遊ぶ必要はないので、【無料】ゲームとして遊んでみることに対してはもちろん法的には全く問題ありませんし、18歳未満の人が単なるカジノゲームとして遊ぶこともできます。日本で発売されているパチンコやパチスロゲームと同じ感覚です♪

オンラインカジノのゲームは、グラフィックもサウンドも素晴らしく良くできているので、一度無料版で遊んでみるのも良いでしょう(*^^*)。


このページの一番上に戻る

.

Copyright © 2004 オンラインカジノ☆キング All Rights Reserved.